飼い主のマナー|可愛い犬の病気を知ろう!

パピヨン

好奇心旺盛な犬種

犬

フレンチブルドッグはこうもりのような耳やぺちゃっとした顔が特徴的な犬で、とても活発で人に懐きやすい性格をしている犬です。フレンチブルドッグを飼うときは、家の中で飼う、遊びながらしつけをする、遊んだ後に休憩をとるなどの点に気を付けるようにしましょう。

詳細を読む

穏やかさが魅力の大型犬

犬とレディ

ゴールデンレトリバーは大型犬ですが、攻撃的な部分はほとんどなく、穏やかで友好的な性格をした犬種です。外見も、長いゴールドの毛におおわれており、とても美しい見た目をしています。飼うに当たり、いくつかの注意点はありますが、初めて犬を飼うという方にとっても、とても飼いやすい犬であると言えます。

詳細を読む

ミニピンの魅力

犬

ミニチュアピンシャーは、最近とても人気のある犬種だと思います。ミニチュアピンシャーの魅力にハマって行く方も増えてきています。小型犬のかわいさもあり、どことなくかっこいい雰囲気も兼ね備えている犬種です。

詳細を読む

予防が重要

獣医

犬も人間と同様病気になります。様々なタイプの病気がありますが、犬の場合は人間のように保険がきかないため治療費が高額になってしまいます。そのため、日々の生活を気をつけて予防していくことが重要です。病気の予防に重要なのは人間と同じで、食事、睡眠、運動が基本です。犬の場合はそれに加えて毛並みや皮膚のお手入れも重要となります。犬はサイズや性格が種類によって全く異なるので、その犬種にあわせた工夫をするのが大事です。運動が好きか嫌いか、人なつこいかそうでないか、毛が多いか少ないかなど、個々のタイプにあわせる必要があります。どのような世話やお手入れが必要なのかを飼う前にブリーダーに尋ねておいたり、調べておくとよいでしょう。

犬がなりやすい病気は皮膚病が多いのが特徴です。犬にとって皮膚は最大の臓器といえます。人間のように服を着るわけではないので、環境やストレスなどが症状としてあらわれやすいのです。毛が多い品種だと、こまめにブラッシングやトリミングをしてやらないと見た目もみすぼらしくなりアトピーや熱中症などの危険も出てきます。ノミやダニなどのリスクもあります。日頃からこまめにブラッシングをし、その際によく肌の様子を観察してやるとよいでしょう。他にも様々な病気にかかる可能性があります。人間のように言葉で訴えかけることができないので、飼い主がよく観察して早めに気づいてやるのが大事です。食欲がなかったり、便の様子がおかしかったりといった普段と違う様子が見られたら病院に連れて行きましょう。